4月開通の雪の回廊から酸ヶ湯温泉へ

2018.05.07 Monday

0

    酸ヶ湯温泉へ山越えで行ってきました!

    今年も恒例の雪の回廊経由で酸ヶ湯温泉へ行ってきました。

    毎年、八甲田山の除雪作業が終了後、すぐに雪の回廊を通って酸ヶ湯に行きます。

    今年は少し、雪の景色が汚れていました。

    皆さん早くからお出かけして、雪の回廊を通ったのかもしれませんね。
    通常4月1日に開通する「青森〜十和田」の路線は今年も予定通り開通しました。
    私と妻の楽しみの一つとなっている雪の回廊から酸ヶ湯温泉のコースは、妻の仕事の状況で出発日が変わってきます。
    今年2018年は4月2日でした。
    酸ヶ湯温泉は相変わらず、いいお湯でした。
    千人風呂とこぢんまりした玉ノ湯があるのですが、意外と玉ノ湯もいけるんですよ!
    千人風呂でこんな会話がありました。
    「熱湯」のほうが「四分六分」よりぬるいね!
    そうなんです。
    名前の由来なのですが、
    四分六分(しぶろくぶ)は入ると熱湯(ねつゆ)より熱く感じますが、温もりの持続が熱湯(ねつゆ)より短く、四分から六分ぐらいの温まり具合になると言われて、その名が付けられました。
    要するに体の温まり具合ということでしょうか・・・。
    コメント
    コメントする